車のシガーソケットからAC100Vに変換するインバータの仕様を調べる

車のシガーソケット(DC12V/24V)からAC100Vへ変換するインバータ、ホームセンターやカーショップで良く売っているのを見かけるとおもいます。これを使えば、家庭用AC電源で動作するものがひと通りは車の中で使えるようになるという便利モノ。
しかしその仕様といえば、最大出力W数くらいしかわかりません。

という事で、手元にある奴がどういう動作になっているかを調べてみることに。

今回使用したのは大橋産業株式会社のBAL 3WAYインバーター 120W No1756というもの。
定格出力120Wとさほど出力は大きくありませんが、AC100V×2、DC12V×1(シガーソケット)、USB 5V(2.1A)×1と豊富な出力と保護回路があるそれなりにしっかりとしてる。って、ホームページにほとんど仕様でてますね。
まぁせっかく調べたので。

入力DC電圧については11~15Vとなっており、入力電圧低下保護回路(自動復帰)と高電圧入力保護回路(自動復帰)が保護回路としてあります。どの時点でこれらの回路が働くかを見てみました。
DC電源ソースとしては、菊水の直流安定化電源を使い、11~15V付近の電圧を与えてみました。
まずは低電圧ですが、11.26Vの時点でアラーム(ブザーのピー音)が鳴り始めました。この時のAC出力は96.4V位。アラームがうるさいので出力停止する所まで電圧は下げませんでしたが、11Vまで下がる前に警告アラームが発動する様です。
次に高電圧ですが、15.3Vで出力が停止しました。PROTECTのLEDが光ります。出力停止直前のAC出力は84.3V位。ちょっと低いです。
12.0V時のAC出力は90.1Vとなっており、実際に使用する製品によっては電圧が低くて正常に動かない可能性があります。
他の保護としてヒューズが内外に(内蔵20A、シガープラグ15A)、ショート時出力停止、出力オーバー時停止、高温時出力停止、などしっかりしております。

とある使用方法で、DC10~DC12V出力を行うSUGOI BATTERYとの接続でどうなの?という話がありましたが、この様なDC11~15Vの仕様のインバーターですと、SUGOI BATTERY側での出力が低くなるとインバーターは停止してしまう問題があります。DC10Vまで対応したものが必要になるでしょうね。DC10V~15.5V入力となっているものもありますのでそちらの方が選択肢になると思います。

せっかく分解したので写真貼っておきます。

インバータ中身



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です