Lenovo Miix 2 8でBanishedを動かしてみた

久しぶりにMiix2の動作確認シリーズ。
今回はBanishedというインディーズゲームです。インディーズゲームとはいえ1人で作ったとしては素晴らしい出来で、Simcity(2013)よりいいんではないかという程の内容。

Miix 2 8の様なタッチ操作のPCでは起動時にマウスが接続されていない為にエラーが出てしまいますので、有線もしくはBluetoothのマウスを接続して下さい。ゲーム自体がマウスとキーボードがある事を前提としているので無しでのプレイは難しいと思います。
今回の動作確認ではマウスのみ使用していたため、キーボード操作が必要な回転等の動作は出来ませんでした。

また、グラフィックの設定をデフォルトと一番軽くしたものでプレイしてみました。

まずはデフォルト設定から。
設定は以下の通り。
Antialiasing [2x MSAA]
Texture Filtering [Trilinear]
Shadow Resolution [Medium]
Shadow Quality [Medium]
Reflections [Terrain]


やや重いかな?という感じです。10倍速でプレイしておりますが人の移動が明らかに遅くなっております。

続いて設定を一番軽くしてみてみました。
設定は以下の通り。
Antialiasing [None]
Texture Filtering [Bilinear]
Shadow Resolution [Low]
Shadow Quality [None]
Reflections [None]


サクサク動きます。同じ10倍速ですが人の移動速度が全然違いますね。プレイに全く支障がありません。

ゲームとしては戦闘要素の一切無い、ひたすら村を成長させていくというゲームなのですが、とても難しいです。最初の方のプレイでは冬を越せなかったり、食料が尽きたりと、簡単に「誰もいなくなった」状態になってしまいます。
更に災害ONモードでは竜巻の様な災害で村がすぐに壊滅状態になってしまったりします。
人の死因も様々あり「獲物に逆に襲われた」「木から落ちた」「毒草を食べて死んだ」などなど楽しむ事が出来ます。
現時点では英語のみですが、modによる各国言語への対応が行われるようです。

ちょっと動作テストのつもりがついつい遊んでしまいました。なかなかハマるんですこれが。

購入はDRM Freeの公式ページ経由か、Steamからになります。DRM Free版でもSteamのKeyがもらえますので、Miix2にインストールしてオフラインでプレイしたい人にはDRM Free版の方がいいでしょうね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です