クルマdeチャージャー2 CARCHA03購入&分解&レポート

先日予告しておりました、サンコーレアモノショップの「クルマdeチャージャー2 CARCHA03」の方が届きましたので、簡単にレポートしたいと思います。

パッケージはこんな感じ。
まぁいろんなタイプがあるうちの一つという感じでしょうか。
人によって違うパッケージになるかと。

パッケージ裏側。簡単なスペックが書いてあります。
右下に「クルマdeチャージャー2」のラベルが貼られております。

なんかラベルの裏が透けているのではがしてみると
下から「CARCHA01」の型番が・・・

完全に剥がすと「クルマdeチャージャー」のラベルが出て来ました。
はて?『クルマdeチャージャー2 = クルマdeチャージャ』ということでしょうか。
なんで名称変えたんでしょうかという感じです。CARCHA03を買ったと思ったらCARCHA01とおなじものだったでござるヨ。
ちなみに付属品は「日本語説明書&保証書」と「8種類の交換用チップ」でした。

気を取り直してパッケージから取り出します。
型番シルクは610-80Wとなっております。EZCool TECHNOLOGY INC.向けのOEM品の流用っぽいです。

裏側から。

サクサクと殻割り。
写真ではわかりませんが、L1は未使用で直結、L3は導線で直結となっておりました。

レギュレータのヒートシンクを追ってみると、なんか錆びている所があります。

そして基板裏面。
これはひどい半田付けっぷり。ショートしている部分は無いので使用には問題なさそうですが・・・。
R17が実装されておりませんが、未実装品なのか実装漏れなのかはわかりません。
1個だけあるICの型番はUC3843ANで、PWMコントローラです。
切り替えスイッチでPWMの外付け抵抗値を切り替えて出力電圧を変えている様です。24V 865Ω、22V 955Ω、20V 1075Ω、19V 1145Ω、18V 1225Ω、16V 1395Ω、15V 1535Ωとなっている模様。チップ抵抗の乗せ換えをすればある程度好みの電圧にする事ができそうですね。

ひとまずの所こんな感じです。まだ使用はしてないので現物を見たレポートとして報告いたしました。
後日実際に使ってみてのレポートをしたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です