ドライブレコーダーitronics ITB-100HDの高画質化&PLフィルタ取付

1年半程にitronics社のITB-100HDというドライブレコーダーを付けて、順調に使い続けているのですが、この度高画質化とPLフィルタの取付を行なってみましたので報告。

順番入れ替わりますが、PLフィルタの方は、KF-1というスマートフォン向けのもので、ちょうどレンズの径がぴったり合います。ただそれほど効きが良いわけではないので完全にフロントガラスの映りが解消されるわけではありませんでした。やや暗くなるのでITB-100HD独特の白飛びにかなり効果がでており、夜間の対向車のライトでの白飛びがかなり抑えられた事が思わぬ効果となりました。

高画質化の方は、海外のフォーラムの方で改造ファームの方が出てきており、従来6Mbps程の所を12Mbpsにしてしまおうというものです。
ファーム自体がtgzになっている(ITB-100HD自体がlinuxで動いている)ので、中のファイルのスクリプトを改造したもののようです。

itb100hdfw.bin
+–itb100_fw.bin
…+–ipnc
……+–av_server.out
……+–Appro_avi_save
……+–Appro_avi_save.save
……+–loadmodules_ipnc.sh
……+–av_capture_load.sh

これらの5ファイルが追加されている様でした。
この改造ファームを入れると1分45MBくらいで記録されていたデータが1分90MBくらいに増え、記録画質が上がることが確認出来ました。
しかし、残容量に対する旧ファイルの削除処理がうまくいかず、diskfullになると警告音を出して記録が止まってしまいました。
ITB-100HD SPの方は10Mbps程度までならば問題ないようです。ITB-100HD SPのAppro_aviをITB-100HDのファームの方に入れればいけないかな?とか思ってみたりしています。ARMのデバッガー入れて逆コンパイルしてしまえばきっと何かつかめるんでしょうけれども、その辺のインストールがよくわからないので面倒くさがりやとしては、またの機会かなぁという感じです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です