DMC-GM1K用バッテリーDMW-BLH7の互換バッテリーを買ってみた

Panasonic LUMIX DMC-GM1Kを買ってから、常日頃持ち歩いて使っておりますが、予備バッテリーがちょっと欲しいかなぁと思いまして、純正のDMW-BLH7は6千円以上もして高価な為互換バッテリーとやらも出てきたので買ってみようという次第です。

というわけで、amazonにて2個3千円位で売っている1100mAhというのを買ってみました。

こんな箱に入ってきます。箱の中に2個バッテリーが入っておりました。
箱自体は使い回しの様で、MiniDV Digital Video Batteryと印刷されております。
箱の中ではバッテリーがシュリンクされていたので一応は新品の様です。


表側?には7.2V 1100mAh 7.9Whと印刷されております。


裏側?にはPSEマークやCEマークが入っておりますが、形式上でしょうね。


続いて重量比較という事で、先に純正のバッテリーから。29gです。


続いて互換バッテリーは30gです。
1gしか変わりません。おそらく誤差範囲です。
この時点で1100mAhも無いのは間違いなさそうです。

実際に1080pでの動画の連続撮影をしてみました。

純正バッテリー 1時間48分18秒
互換バッテリー1 1時間18分36秒
互換バッテリー2 1時間18分43秒

予想通り、純正バッテリーよりもちません。しかし2個ともほぼ同じ結果と別の意味では安定した能力でした。
純正に対して72.2%ほどの実力となります。490mAh程度の容量の様です。
実際には残量表示が2個から1個までが数分、1個から0個までも数分と一気に電圧が落ちている様で、電圧が一気に下がってしまうタイプなのでしょう。DMC-GM1Kはバッテリー電圧が6.8V辺りまで下がるとバッテリー切れと判断する様ですのでそこまで一気に電圧が下がってバッテリー切れとなっている感じですね。

そんなわけでいつものごとく殻割りをしてみました。

保護回路等の基板は入っているみたいです。中には55/37D23と印字されたセルが2個重なっておりました。それぞれが3.4~4.0Vの電圧を出しており直列接続で6.8~8.0Vとなっております。印字内容からすると3.7V/550mAhのセルが2個直列に接続していると判断出来ます。

??

直列って事は550mAhのままじゃないですか。並列で計算すると1100mAhですが、それは3.7V換算。つまりこのバッテリーは7.4V 550mAhだったのです。先ほどの計算での490mAh程度というのもほぼ近似値ですので間違いないでしょう。
この互換バッテリーは商品名が1100mAhで、中身は550mAhでした!って事ですね。

まぁ2本合わせて1100mAh相当ですし、それでも純正品の半額以下ですから許容範囲という所でしょうか。
おそらく互換で680mAhで売っているものは同様に340mAhほどで、録画も50分もつかどうかなのではないかと推測されます(amazonのレビュー見てみたら40分しかもたなかったというものがありました)。
この辺は安物買いって事で割り切るしかないでしょうね。

この記事で出てきた製品



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です