カシオペアツイン取れた

今年度末3月に北海道新幹線が開通するとともに運行が終了すると言われている寝台特急カシオペア。夏には寝台特急北斗星の運行が終わり、鉄道系の友人らからは惜しまれる声が多く聞こえております。
結構スルー気味だったのですが、何を思ったか旭山動物園へ行きたいという家族の声より10時打ち(1ヶ月前の朝10時から指定券の販売が始まるためにこう呼ばれているとかいないとか)を始めて3回目。カシオペアツインの確保に成功しました。

JR横浜支社では10時ちょうどではなく、朝のみどりの窓口が開いた時点から10時打ちの予約依頼が可能です。(一部駅は除くかも?)
地元駅では朝6時に大船駅、朝6時半に藤沢駅、朝7時に鎌倉駅・北鎌倉駅・本郷台駅のみどりの窓口が開きます。
大船駅→藤沢駅→鎌倉駅→北鎌倉駅でのルートで回ってみる事に。大船駅5時45分頃にすでに先客2名。諦めて藤沢駅へ、藤沢駅は先客なのか1名。しかし数分するといなくなってしまいました。どうも暖を取っていただけらしい。予約を依頼して控えを受け取り。続いて鎌倉駅へ。戦時も見かけたご婦人が今日も1番にいらっしゃいました。カシオペアDXルーム狙いだそうです。藤沢駅と鎌倉駅はみどりの窓口を開ける時間を電話の時報を使っている位なので結構期待が持てます。
続いて北鎌倉駅へ。ここの駅は正直期待していません・・・いつも空いていて10時ギリギリに来ても1番を取れるのですがアナログなやり方で時報とか使いません。続いて予約票を4枚書いていたので本郷台駅へ。みどりの窓口には「朝4時半以降お並び下さい」の貼り紙が。開くのは7時なんですがそんな早くから並ぶ人がいたのでしょうか・・・こちらでも予約票を貰いました。
_1230288
藤沢駅と本郷台駅は電話での確認は受け付けておらず、後で駅へ確認しに来て欲しいとの事。鎌倉駅と北鎌倉駅は取れた場合には電話があり、取れなければ何もないとの事。
午後2時になっても電話は鳴らないので鎌倉駅と北鎌倉駅はダメだなーと諦め。

夕刻5時頃に藤沢駅へ出向きます。予約票を出し「やっぱり取れないですよねー」みたいに声をかけると、駅のお姉さんニコニコしながら「何と取れてしまったのですよー」と。
一瞬、えっ!?って感じになりつつもお礼を述べ発券してもらいます。10時打ち予約の場合、駅のお金を借りて取るみたいで、支払いを済ませた後に金額分の現金を駅に戻しているみたいでした。

発券された寝台券を見ると、喫煙室になっていて、ガガーン!! 禁煙室で依頼したのに、って一瞬思いましたが、とにかく取れればいいやって感覚からすれば問題ありません。

さて、残りの本郷台駅ですが、みどりの窓口へ行き確認をする前に大きくばってんの書かれた申込書が見えてしまいました・・・もちろん残念だったわけで。
1枚の寝台券が手元に残ったわけです。はい歓喜です。

つい先日までそこまで興味無かったのに大きく心境が変わってしまっております。
ワクワクが止まらない日々が始まりました。
乗車券は小樽まで購入。観光したいですしね。

カシオペアツイン寝台券と乗車券

カシオペアツイン寝台券と乗車券



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です