Xiaomi Mi MAXやMi5でLTE Band19をONにする手順

先日Xiaomi Mi MAXやMi5でWCDMA FOMAエリアプラスをONにしてみましたが、今度はLTE Band19をONにしてみようと思います。単純に値をONに変えるだけなので実際に使える様になるかは未検証です。

FOMAプラスエリアBand対応化とおおまかには同じように進めていきますので併せて記事を読んでいただければ幸いです。

0.事前準備

Windows7以上のPCを用意して下さい。32bitでも64bitでも大丈夫だと思います。
PCと本体を接続するケーブルは付属のもので問題ありません。データ通信に対応したmicroUSBケーブルであれば他でも大丈夫でしょう。

1.Xiaomi Mi MaxでDIAGモードを有効にします

Phone(電話)アプリを起動して、「*#*#717717#*#*」と打ち込んで下さい。「Diag USB Port enable」と一瞬表示されればOKです。再度「*#*#717717#*#*」と打ち込むと「Diag USB Port disable」と表示されDIAGモードは再度無効状態に戻ります。Mi5も同様の手順で可能です。

Mi MAXおよびMi5以外の機種、例えばRedmi note 3 proではこちらのコマンドによるDIAGモードへの移行は出来ません。SuperUserによるコマンド実行が必要な為、root化が必要です。
Adb shellによる接続後にSuperUserになりsetprop sys.usb.config diag,adb を実行する事でDIAGモードへ入る事が可能です。(その後一旦再起動が必要な場合がある)

2.Windowsの設定を行います

Qualcommのドライバをインストールし、Windowsをテストモードで起動します。手順についてはFOMAプラスエリアBand対応化の記事を参照して下さい。

3.QXDM Professionalをインストールします。

こちらよりダウンロードしてインストールを行って下さい。なお、オリジナル配布元ではなくミラーのアーカイブとなりますので各自自己責任にてダウンおよびインストールを行って下さい。

4.QXDM Professionalを起動します。

本体をUSBケーブルにてPCと接続し、QXDM Professionalを起動します。
qxdm01
起動したらOptionsよりCommunicationsを選択して下さい。
qxdm02
Communicationsが開いたら、表示されているPortのリストより「Diagnostic」の行を探し出してチェックを入れて、下のTarget PortをDisconnectより同じCOMポートを選択して下さい。(こちらのスクリーンショットではCOM33となります)
OKを押しCommunicationsウインドウを閉じて下さい。
qxdm03
本体とPCの接続が完了すると、COMxxの表示に変わります。
qxdm04

5.NV Browserを開きます

View→New→Common→NV Browserより、NV Browserを開いて下さい。
qxdm05
Category FilterからLTEを選んで下さい。
qxdm06
一番上に表示されている、06828 LTE BC Configを選択し、右下のReadボタンを押します。
qxdm07
下のFields欄に値が表示されます。こちらのValueの値を読みます。
qxdm08
「2061584302303」となっておりました。ROM等により違う可能性もありますがこちらの値をメモしておいて下さい。
電卓ソフト(Windows標準でよい)にてこちらの値を入れ、10進数→2進数へ表示を変えてみて下さい。(Windows10の電卓ソフトでは、表示(V)→プログラマ(P)にすれば10進・2進の変換がすぐに出来ます)
2進数にすると「11110000000000000000000000000000011011111」という値になりました。桁数が多く見づらいですので4桁ずつに区切られた部分を読んでみましょう。
dentaku
0000 0000 0000 0000 0000 0001 1110 0000
0000 0000 0000 0000 0000 0000 1101 1111

0と1の羅列だとわかりにくいでしょうから、表にしてみました。
こちらの1になっているbandが現在の対応となります。
これより対応bandは1/2/3/4/5/7/8/38/39/40/41となります。スペック上でうたっているのは1/3/5/7/8/38/39/40/41ですので大体合ってそうですね。
lteband1
これにband19を追加するのですから、この様になります。
0000 0000 0000 0000 0000 0001 1110 0000
0000 0000 0000 0100 0000 0000 1101 1111

10進数での表記は「2061584564447」となります。
lteband2
この値をFiledsのInputの部分へ入力して、Writeボタンを押すと書き込みます。
qxdm09
これにて書き換え処理は完了となります。
×にてNV Browserを閉じ、OPtions→Connectionsより、CommunicationのTarget PortをDisconnectにしてOKを押し、本体とPCの接続を終了して下さい。

6.注意事項

こちらの記事ではLTE Band19をONにする様に設定値を書き換えたにすぎないため、実際にBand19での接続が出来るようになるかは分かりません。root化した端末ですと、Network Signal Guruというアプリを使用する事で接続中のBandの確認が可能な様です。実際に確認された方がいらっしゃいましたら報告いただけますと有り難いです。

7.ご購入はこちらからどうぞ

以下のリンクから商品へ飛ぶ事が出来ます。
Xiaomi Mi Max 32GB/3GB (Gearbest / GeekBuying)
Xiaomi Mi Max 64GB/3GB (Gearbest / GeekBuying)
Xiaomi Mi Max 128GB/4GB (Gearbest / GeekBuying)

Xiaomi Mi Maxでは大きいって人には5.5インチのXaiomi Redmi Note 3 Proがほぼ同じスペックで価格も安くオススメです。
Xiaomi Redmi Note 3 Pro 32GB/3GB (Gearbest / GeekBuying)


3G対応の中華smart watch Z80届いたのでレビュー その2

3G(WCDMA)通信対応の中華smart watch Z80のレビュー続きです。
色々と癖があって検証してたりの為にちょっと時間が開いてしまいました。

動作中の写真を色々撮りましたので紹介します。

google日本語入力の画面です。キーボードで画面が埋まってしまって現在入力中の文字が分かりません。また画面が小さいので正確にタッチする事が困難です。
指の太い人は入力するの無理じゃないですかねぇ。
z80_02

時計の画面から左へスワイプするとアプリ一覧になります。縦にスクロールさせる事で他のアプリを選べます。
標準で入っているのは「電話」「連絡先」「メッセージ」「設定」「カメラ」「ギャラリー」「ブラウザ」「ファイルマネージャー」「weather」「音声レコーダー」「音楽」「時計」「カレンダー」「電卓」「ダウンロード」「Pedmeter」「Reminder」「HeartRate」「Tools」「Googleストア」の20種類。この下に自分のインストールしたアプリのアイコンが並びます。



このうち設定から選べる項目は「Sound」「Display」「Connect」「Clock setting」「通話設定」「Power Saving」「Language input」「Reset equipment」「Uninstall application」「開発向けオプション」「One key SOS」「About equipment」の13種類。


時計のデザインは以下の9種類。



ざっとした基本的な設定周りは上記の感じです。

実際の使用感については手へのフィットに関しては長時間着けていても痛くなったりする事はありません。ベルトがやや短いので手首の太い人には厳しいかも?
肝心のバッテリーの持ちについてですが、特に何も起こらなければ1日に1%減るかどうかです。しかし一度何かのアプリが暴走(?)してしまうとみるみるうちにバッテリーを消費して、あっというまにバッテリー切れになってしまいます。
設定にある「PowerSaving」をオンにする事で若干改善は見られますが、完全ではないようです。
z80_28
普段は1時間くらいでは1%も減らないのですが、この様に一気に減ってしまう症状が確認出来ております。アップデートとかで解消出来るのかしら?
なお、位置情報を使ったゲームなどを動かすと普通にバッテリーすぐに尽きますのでネタにしかなりませんです。
z80_51
3G(WCDMA)による通信はBand1へ対応しているので、Docomo系のMVNO SIMは問題なく利用出来ております。Wi-Fiにも対応しており自身で通信して通知を出せるのでスタンドアローンでの使用は可能なのですが、よりバッテリー消費が多くなってしまいますのでスマートフォンとBluetooth接続して通知を受け取る等の方がよかったかもしれませんね。

Z80 3G Smartwatch
Android 5.1 1.54 inch 2.5D Arc Screen 3G Smartwatch Phone MTK6580 Quad Core 1.3GHz 512MB RAM 4GB ROM Pedometer Hearth Rate Measurement 2.0MP Camera WiFi


Xiaomi Mi MAX 文鎮化からの復旧方法(unbrick test point)

English version is in the bottom.
Xiaomi Mi MAXでFASTBOOTにも入れない状態までの文鎮化された方への朗報です。
強制EDLモードで起動する方法を紹介いたします。
どうにもならなくて困っている方の手助けになりましたら幸いです。
他機種の方も基本的な作業は同じなのでtestpointのリンクを下の方に貼っておきます。
Mi5やRedmi Note 3 pro辺り所持の方は参考になるかも?

EDLモードで起動出来れば復旧出来るのに、EDLモードでは起動出来ずPCに接続すると、Qualcomm HS-USB Diagnostics 900Eとなってしまう状態からなんとかします。
EDLモード時はQuallcomm HS-USB QDLoader 9008でなくてはならず、FASTBOOTすら入れない状態ではどうにもならない所ですよね。電源もちゃんと入っているか分からない、画面も真っ暗のまま、そんな状態からでも復旧可能です。
こちらの手順では強制的にEDLモードで起動させて、ROMデータを書き込む事で復旧させます。

まずは分解(Disassemble)

分解と聞くと結構「無理!」っていう方いらっしゃいますが、幸いにもXiaomi Mi MAXは両面テープなどでの固定は無く、カバーも爪で引っ掛けてあるだけなので簡単に分解できます。
ネジもありますが、100円ショップで売っている精密ドライバーセットのもので十分です。

分解方法については以下のYouTube動画を参考にすると良いでしょう。
https://youtu.be/YMG04GqVU_0

テストポイントをショートしながらUSB接続

クリップでも何でも良いので、導電性のもので写真の2箇所のパッド(金色の丸い所)をショートしながらUSBケーブルを接続して下さい。金属製のピンセットやハサミなどで構いません。
PCのデバイスマネージャーを見るとポート(COM/LPT)の所に
「Quallcomm HS-USB QDLoader 9008」が出ているはずです。
この時点でショートしている部分は離して構いません。

Xiaomi Mi MAX testpad

Xiaomi Mi MAX
testpad

あとはMi Flashで焼くだけ

Mi Flashでreflashボタンを押すとポートが認識しますので、tgzファイルを展開したフォルダを指定しflashボタンを押して待ちましょう。successとなったらMi Flashを終了し、USBケーブルを抜き、本体の電源をオフにて完了です。

各種リンク(links)

EDL(Fastboot)からのアップデート用ファイル(tgzファイル) for EDL(Fastboot) update files
for 32GB model
・Xiaomi Mi Max 32GB Latest China Developer Fastboot File Download
・Xiaomi Mi Max 32GB Latest China Stable Version Fastboot File Download
・Xiaomi Mi Max 32GB Latest Global Developer Version Fastboot File Download
for 64/128GB model
・Xiaomi Mi Max 64G/128G Latest China Developer Version Fastboot File Download
・Xiaomi Mi Max 64G/128G Latest China Stable Version Fastboot File Download

Mi Flash tool(beta edition)
・MiFlashSetup-Beta.zip

English version

1) Disassemble your Mi Max. First watch the video to have an idea:
https://www.youtube.com/watch?v=YMG04GqVU_0
2) Connect your testpoint with a metal thing using a paperclip. (two Gold pad, at red circle)
3) While testpoint is connected, plug USB to PC.
4) Your devicemanager found “Quallcomm HS-USB QDLoader 9008”.
5) Open MiFlash and press refresh button.
6) Flash your rom.
7) Assemble you phone and Power off.

Xiaomi Mi MAX testpad

Xiaomi Mi MAX
testpad

他の機種のtestpointへのリンク

(other phone testpoint link)
Redmi 1S/Redmi2/Mi2/Mi3/Mi4/Redmi Note 4G/Mi Note/Redmi Note 3 Pro(Quallcom)
Mi5(YouTube Movie)

謝辞

本文を書くにあたりまして、フォーラムのこちらの記事を参考にさせていただきました。
http://en.miui.com/thread-328371-1-1.html
一部英語説明文については引用させていただいております。

以下のリンクから商品へ飛ぶ事が出来ます。
Xiaomi Mi Max 32GB/3GB (Gearbest / GeekBuying)
Xiaomi Mi Max 64GB/3GB (Gearbest / GeekBuying)
Xiaomi Mi Max 128GB/4GB (Gearbest / GeekBuying)

Xiaomi Mi Maxでは大きいって人には5.5インチのXaiomi Redmi Note 3 Proがほぼ同じスペックで価格も安くオススメです。
Xiaomi Redmi Note 3 Pro 32GB/3GB (Gearbest / GeekBuying)


いいとこ取りの激安8インチ win10タブレットJumper Ezpad mini3、ニコ生配信にもおすすめ!のレビュー

こんなタブレットを探してた!
いいとこ取りまくりの1万円を切る激安8インチWin10タブレットJumper Ezpad mini3を購入しましたのでレポートしたいと思います。

まずは特徴を

・8インチ Windows10(Home) 64bitを搭載
・液晶解像度1280×800(IPS)
・CPUはcherrytrail Atom X5-Z8300
・メインメモリ2GB、内蔵ストレージ(eMMC) 32GB
・USB3.0コネクタ+microUSB(OTG)コネクタ搭載(つまり充電・給電しながらUSB使える!)
・microHDMIコネクタ搭載
・microSDスロット(microSDXC対応)搭載
・重量は約340g
・バッテリーは4200mAh(3.7V)搭載
といった所でしょうか。

以前、Lenovoのmiix 2 8を購入してレポートをいたしましたが、この時の難点であった充電・給電しながらのUSB使用が特に何も考える事なく可能であること。またUSBが標準サイズコネクタなので変換等を考えなくていい!しかもUSB3.0による高速インタフェース対応!!
この部分だけでも十分すぎる価値がありますね。

そして価格ですが、なんと
1万円を切る超お買い得品なのです。
どうせ中華なんだろ?安かろう悪かろうじゃねーの?
という事でレポートを書くまで約2ヶ月半ほど使用しました。
主に持ち運びで使用しており、じぇんじぇん問題ないどころか、旅行時にとても役立っております。

じゃ、早速その姿を紹介

注文はいつものGeekBuyingより。
まずは箱より。
2個箱がありますが、片方は同時に頼んだ専用のカバーです。
P1340532
本体横。基本スペックが記述されております。
P1340534_
反対側の横。メーカー情報です。
P1340536
早速開封。最近の中国のタブレットや携帯電話はしっかりと梱包されております。
P1340537
タブレット本体です。
P1340538
袋から出しました。
保護フィルムがついており、指紋とかついていた時代とは大違いです。
P1340539
裏蓋は爪で嵌め込んであります。
P1340540
microSDカードは裏蓋を外した所にスロットがあります。
P1340541
ちゃんと裏蓋するとなかなかいい質感です。
P1340542
Windows10を起動した所。横画面にもなりますよ!
標準で英語になっているので日本語を入れれば完了です。
P1340543

使ってみて

miix 2 8に比べて良い所はUSB回りですね。
まさにここが期待通りです。microUSBポートは充電とUSB(OTG)の共用で従来のタブレットと同様です。
加えてUSB3.0端子が標準サイズであるので、USBデバイスをそのまま接続出来るのが大きいです。USB3.0メモリを挿せば高速にアクセス出来ます。USB3.0Hubを使えばかなりの拡張性があると思います。
ただしUSB側への給電容量がやや少ないのでUSB HDDなどではうまく使えない事があります。
無線LANは残念ながら802.11 b/g/nですが、他が優れているのでまぁここは妥協点かな。
余計なプリインアプリはありませんが、日本語に設定したあと初期化すると真っさらになっていいでしょう。
Bluetoothのキーボード・マウスを接続すればお出かけ時にはいい感じでモバイル端末として使えます。

ニコ生の配信にピッタリ

実はこれが主目的でした。
手のひらサイズのBOXPCも所持しているのですが、こちらはモニタが無いので不便がありました。しかしmiix 2 8では配信するにあたって、USBカメラを繋ぎつつ給電の必要がありました。可能にするUSBコネクタはあったのですが、やはり不便があり探していた所Jumper Ezpad mini3を見つけた次第です。
QSVによるエンコードも可能で、低い負荷で配信出来るので重宝しております。
給電もDC5Vなのでモバイルバッテリーで済むので荷物も少なく、外配信をされる方にはオススメしたい機種です。はい。(しょぼい内臓カメラで済ますならばタブレット持ち歩いているだけなので、ノートPC持ち歩く怪しさもなくなりますしね)

購入当時より更にお安くなっております

購入した5月頃は$99.99だったのですが、現在は$80を切っており船便なら約8,000円、DHL等の航空便を使っても約9,000円と非常に安く購入する事が可能です。
なかなかオススメ出来る商品が無い中、いいモノが出て来たと思います。

商品へのリンクはこちらからどうぞ(商品ページへ飛びます)
Jumper EZpad Mini3 (本体/GeekBuying)
Jumper EZpad Mini3 (本体/GearBest)
Jumper EZpad Mini3 Accessories (タブレット立てになるカバーと保護フィルムセット/GeekBuying)

10.6インチかつWindows10/Android5.1のデュアルブート機はこちら
Jumper EZpad 5SE (本体/GeekBuying)


3G対応の中華smart watch Z80届いたのでレビュー その1

3G(WCDMA)通信対応の中華smart watchのZ80が届いたので簡単にレビューします。
価格が$60台と安く、通信機能も3G(WCDMA)/WiFi/Bluetooth/GPSと基本的なものは入っております。
他にもカメラや音楽再生機能なども持っており、OSもAndroid5.1と比較的よさげな所です。

まずは外箱から。
特に何の変哲も無い箱ですね。
P1380679s

箱開けました。本体鎮座してます。
P1380682s

液晶はIPS1.54inchで解像度は320×320とこの価格帯ではズバ抜けております。
見た目わかりにくいですが、マットで肌触りも違和感無く良いです。
Xiaomi Mi Band2よりも肌にはフィットします。
P1380689s

本体裏側にセンサと充電用端子があります。
P1380687s

箱の内容物です。
充電ケーブルとピン(使えそうなのはresetっぽい所だけ?)とマニュアル(英語と中国語)です。
充電ケーブルはUSB形状からなので、モバイルバッテリー等でも充電可能です。ケーブルは磁石となっていて本体にピタっと付くようになってます。
PCと接続するとMTP USBデバイスとなり、内蔵ストレージへデータの転送が可能です。(外部記憶メディアには対応しておりません)
P1380683s

電源を入れると時計画面になります。
時計のデザインは9種類から選ぶことが出来ます。
P1380700s

Docomo系のWCDMAネットワークに接続可能です。850/2100MHz対応。FOMAプラスエリアには標準では対応していません。
APNはmoperaとbmobileが最初から入っておりました。
表記が既に日本語になっておりますが、標準で言語選択に日本語があり、設定するとほとんどの項目が日本語表記になります。
P1380707s

Androidバージョンは5.1です。
P1380709s

ストレージ容量は5.67GBで約2GBほど使用済です。3.6GBほどフリーで使用可能です。
こちらの画面に出ているのはシステム領域の容量で4.91GB。4.2GBほど使用可能です。結構アプリは入れる事出来そう。
P1380710s

最初からGoogle Playがインストールされております。
P1380703s

サクっとアプリのインストールが可能です。
P1380704s

駅メモ入れちゃいました。ちゃんと低解像度でも動く様になっており、上下スクロール出来ます。
P1380717s

ポケモンGO!も動きますが、かなり重いです。ネタ程度ですね。
P1380726s

細かい所は次回以降という事で簡単にレビューしてみました。
1時間ほど触った所での所感を箇条書きにします。
・初回の起動後はしばらく不安定でGoogle Play開発者サービスが落ちまくりました。一旦再起動した後は安定しました。
・文字入力でのソフトキーボードで画面がほぼ埋まってしまい、入力中の文字が見えない問題アリ。Googleアカウント設定が辛い。
・GPSは屋内では厳しいが、屋外ではなかなか良い感じで測位します。
・WiFiは特に問題なくつながりました。(Aterm WG1800HP2)
・設定の中で選べる部分がかなり少ないです。最初からデベロッパーになっていました。
・手に付けた感じはなかなか良し。Xiaomi Mi Band及びBand2をもっていますが、質感では天地の差でこれらを上回るGoodさ。ベルトの穴があまり太い腕に対応してません。
・3GはDocomo系のMVNO IIJmioにて確認。FOMAプラスエリアは非対応っぽいです。(電子レンジ内では圏外)
・テザリングは非対応。
・baiduフォルダ有り。

主な仕様です。
WiFiは802.11a/b/g/n対応、重力センサ、GPS(MTK3337)、内蔵バッテリー450mAhなど書かれております。
カメラは2Mpixel、本体重量は65gと軽いです。RAMは512MB、ROM4GBが公称値の様です。
SIMカードのサイズはnanoSIMです。スロット刺したら出すのたいへんかも?
P1380730s

こちらのスマートウオッチは、下記GearBestのリンクより購入可能です。(記事作成時$60.99)
日本で同程度のスペックを購入しようとすると1万円超えてしまうので結構お得価格ではないでしょうか?

Z80 3G Smartwatch
Android 5.1 1.54 inch 2.5D Arc Screen 3G Smartwatch Phone MTK6580 Quad Core 1.3GHz 512MB RAM 4GB ROM Pedometer Hearth Rate Measurement 2.0MP Camera WiFi