GoProもどきF60RやEKEN H9の分解及びマイク交換

アクションカメラGoProの模造品的な、もどきというかインスパイアというかコピー品というか分かりませんが、F60RとEKEN H9を分解し、マイクを交換してみました。

4Kの動画の撮影にも対応したそれっぽいアクションカメラですが、性能はそこそこ?
まずは簡単にそれぞれの説明をしようと思います。

F60Rはノーブランドのアクションカメラで、DMYTCってメーカー名みたいなのがついてamazonとかでも買えるみたいです。自分はAliExpressから購入したのですが、イケショップさんで販売しているものと恐らく同じもの(パッケージが同じ)でした。4K(3840×2160)/30fps対応。amazonで売っているものは4k(3200×1920)/24fpsだったりとちょっとスペック違うみたいです。友人がamazonから購入しましたが異なるものでした。ノーブランドという事で要注意かもしれませんね。
音声はAAC 8KHz/16kbps monoというかなりしょぼいものなので正直微妙です。車モードという機能があって、給電と同時に録画を開始して給電が無くなると30秒後に録画を停止しシャットダウンするというドライブレコーダーとして動作するモードがあります。またUSBにてPCと接続するとUSBカメラとして機能するモードも持っており、機能としては多種に及びます。映像はどの解像度でもほぼH.264/21Mbps固定となっており、4K/30fpsではレート不足を感じます。ファイルはmp4コンテナで生成され、ファイル名も日付時間を元にしたものになります。

EKEN H9は、EKENのアクションカメラです。ファームウェアもちょくちょくアップされているみたいです。4K/24fpsまでのスペックですが、音声はPCMで記録されおおむね良好です。ファイルはmovコンテナで生成され、ファイル名は連番となります。手動でファイルを削除してしまったりしての既に予定されるファイル名のファイルが存在してしまう様な事になると、ファイルが生成されないとい問題があります。

能力として言えばEKEN H9が圧倒的上。機能はF60Rの方が豊富。F60Rはファームの作り次第では化ける事も出来るけれども・・・一応ファームウェアのタイプはbeikeになる様です。自分の持っているものが最新版らしい模様。

そんな感じで簡単な機能説明はここまでで、分解の方に入ります。GoProもどき品とはいえ、同じなのは筐体サイズやボタン配置のみで筐体構造は全く異なります。似て異なるってのはこの事かと思う位。

F60Rの方から分解。まずはレンズ側の部分はハメ込みの蓋の様になっているので隙間部分に爪やカード類を挟んでやれば結構簡単に外れます。更に四方にあるネジを外すとこんな感じになります。


液晶側は、両面テープで張り付いているのでカッターを差し込んでテープ部分を剥がせば簡単に外せます。
基板とケースが分離出来ました。基板上を見る限りメーカ名や機種名の記されたシルクは見当たりません。ここいらがノーブランド故でしょうか。TEAN E120339 94V-0ML1というシルクが読めますが基板製造メーカーの印字なのかSSDやスティック型Androidなどの基板でも見られるものです。Allwinner V3(AW8010CSR 1GHz/ARM Cortex-A7)の印字はかろうじて読めます。ELPIDAのDD3メモリ(EDJ2108DEBG/256MByte)も搭載されていますね。

カメラユニット部は、センサーとレンズが一体化したものとなっておりました。基板上に実装するパターンがありました。センサーはSONY IMX179Aだったと思います。髭みたいに出ているのはWiFi用のアンテナケーブルですね。

続いてEKEN H9の分解。こちらは液晶側の部分もハメ込みになっている為、カッターによる両面テープの剥がしは不要です。ちょっと組み上げの構造が異なっております。WiFiアンテナも金属パーツになっていてカッコイイ。


分解したらマイクの交換です。今回使ったマイクはPanasonicのWM-61Aというものです。一時期流行った時にストックしておいたのを流用しました。こちらはF60Rのマイクの場所です。手抜きなのでそのまま交換してしまいます。+へOutputを接続、-へGroundを接続です。F60Rの音声はAAC 8KHzと貧弱なもののせいか、あんまり効果は感じられませんでした。ちょっとマイクのサイズが大きいので基板の上に乗るようにしないとケースに収まらない模様です。

続いてEKEN H9Rです。こちらも同様にして+へOutputを接続、-へGrondを接続です。
こちらはさすがにPCMでの録音の為、マイク交換による違いが分かりました。

WM-61Aは2年程前に終売との事ですんで、XCM6035辺りが代替品として使えそうなマイクでしょうか。
アクションカメラ本体自体の性能もそれほど高いわけではありませんので、過度の期待は出来ない感じですね。


サロンカーあかつき乗車記 その0の続き キャンセル待ち打ち切り

サロンカーあかつきのキャンセル待ちが実質打ち切りになりましたのでその詳細をちょこっと書きたいと思います。

サロンカーあかつきとはなんちゃら、というとJRの長崎DC(デスティネーションキャンペーン)に合わせて運行される団臨(団体臨時列車)ツアーで、日本旅行が主催するものとなります。サロンカーなにわという客車の車両を使い、往路は大阪から長崎まで、復路は博多から大阪まで、いずれも夜行による運行となります。
naniwa
という紹介はそのまま前回よりコピペさせていただきますが、サロンカーなにわの車両を使用しての九州までの夜行往復というツアーはかなり魅力がある様で予想はしておりましたがかなりの大人気で末期のトワイライトエクスプレス・北斗星・カシオペアを思わせるような争奪戦でした。

ほぼ10時打ちと同じ状況にて発売1秒で売り切れという状態でした。(これは取ってくれた支店さんのお話で、3件同時に申し込んでいて1件しか取れなかったとの内容より)
その為定員数を遥かに上回る数のキャンセル待ちが入っているという、これまたおかしな話になっておりました。全員キャンセルした所で渡りきらないという状態です。

自分は5店舗の支店へ事前予約をかけており、受付開始から順次取れませんでした連絡が入ってからそのままキャンセル待ちをお願いしていた所、最後の1店舗にて取れた為にキャンセル待ちだけ4店舗に依頼した状態のままとなっておりました。

11月1日になって、2店舗よりこれ以上キャンセル待ちをしても取れる見込みが無いのでキャンセル待ちををキャンセルさせて欲しいとの連絡がありました。
11月2日にさらに1店舗より同様の内容の連絡が入り、詳細をうかがう事が出来ました。
・定員を上回る量のキャンセル待ちがあり、どう考えても取れる見込みが無い方がほとんどである
・これ以上待っても見込みが無いため、キャンセル待ち上位数名を残してキャンセル待ちを全て打ち切る
・日本旅行の本部の方よりそういった内容の連絡が来たのでキャンセル待ちの方へ電話している
ざっとこんな感じです。

よって、現在キャンセル待ちしている方はわずかな可能性のある先着数名以外は全てキャンセル待ちの強制キャンセルとなります。

今回初めてオンラインではないツアーの申込みとはなりましたが、こんな顛末になるとは予想もしておりませんでした。
しかしこれだけの需要があるならばDCでなくても3ヶ月に1回程はこういったツアーを開催してもいいのではないかとも思いました。

そういえば、あと1店舗、最初にキャンセル待ちを依頼した店舗からの連絡がありません・・・16時5分にキャンセル待ちを入れたのですが、まさか上位に入っているとかいう事があるのでしょうか・・・


サロンカーあかつき乗車記 その0 申込み争奪戦

サロンカーあかつきのツアーが無事に取れましたのでその争奪戦の内容をまとめました。

サロンカーあかつきとはなんちゃら、というとJRの長崎DC(デスティネーションキャンペーン)に合わせて運行される団臨(団体臨時列車)ツアーで、日本旅行が主催するものとなります。サロンカーなにわという客車の車両を使い、往路は大阪から長崎まで、復路は博多から大阪まで、いずれも夜行による運行となります。

運行情報だけは早くから出ていたのですがツアー詳細は出て来ず、果たしてどんな内容になるのか色々と妄想をしておりましたが、10月14日の午後2時頃?に日本旅行のホームページにて詳細が発表されました。

ツアーパンフレットはこちら(新しいタブで開きます)

ツアーの行程としては、11月25日(金)大阪駅発、11月28日(月)大阪着は共通で、九州で週末を各自フリーで過ごすというものとなります。長崎での宿泊付きプランと現地で各自宿泊するプランの2種類となり、オプションで2座席専有、現地周遊きっぷ(2種類)が用意されております。

さて申込み開始日ですが発表から1週間後である10月21日16時より発売との事。いままで日本旅行のツアーはニコニコ超会議号しか利用した事がなく、こちらはオンライン申込みであったのでオンラインでない申込みは初めてでした。

パンフレットには「お問い合わせ・申込み」として大阪予約センターの電話番号のみ。
これをそのまま読む限りは、この大阪予約センターへの電話でしか受け付け出来ない様にしか解釈出来ません。そんなの受け付け開始時に電話がパンクするのが見えております。
なので「お問い合わせ」してみました。結果、最寄りの支店・代理店にて受け付け可能。事前受付(予約)も窓口次第で可能との返答でした。以前びゅぅのツアーでバカ正直に受付開始日開始時間20分前頃に窓口に行ったら事前受付70人位いるとの返答でその後の受付になりますと言われてから、可能であれば事前受付出来るのであれば必須だなと思ってました。

早速地元の支店へ電話をした所、ツアー自体を知らない様でツアーの内容を確認して折り返し連絡との事でした。しばらくして折り返しの電話が来て事前受付を行う事が出来ました。17時頃でした。まぁこれで安心かなと思ってたのですが、オプションの周遊きっぷを申し込むのを忘れていました。申込み内容を確認するために窓口まで行った所、自分より前に3人ほど申込み者がいたとの事でした。他にもいたのに確認するって・・・と思いながらも実際の処理について聞いた所、当日時間に合わせて機械(マルスっぽいの?)へ申し込み順に打ち込むとの事でした。機械は3台しかないので初回は3件しか処理出来ず4件目以降は2巡目になると。ちょっと不安になってきました。

帰宅して他の支店へ電話してみるとすでに2件受け付けているとの事で、機械は5台あるけれども当日の担当が2~3人しかいないとの事でこちらへは依頼しませんでした。

幸いにもこの日は金曜日との事で、土日祝休みの店舗ならば月曜の朝一番でも間に合うかもという仮定を立てて、朝一番で土日祝休みの支店へ訪問。申込みを行いました。2件目。以後30分おきに開店する店舗へ順に電話をかけて依頼。合計5店舗への依頼を行いました。

この時点での申込み状況は
A店舗 14日(金) 17時受付(先約4)、大型ショッピングモール内
B店舗 14日(金) 19時半連絡も先約有り、機械の操作人数不足との事で受け付けず
C店舗 17日(月) 土日休み店舗。9時半受付(先約いそう?)
D店舗 17日(月) 土日休み店舗。9時40分受付(先約なさげ)、市役所内店舗でマイナーそう
E店舗 17日(月) 10時40分受付(先約2)、電話受けた方がツアー分かっていて難しそうとの返答でも依頼
F店舗 17日(月) 11時40分受付(先約3)、A店舗の隣のショッピングモール内

とB店舗を除く5店舗。D店舗が閉店時間も早くマイナーな場所なので期待が高まります。

今回、ニコニコ超会議号乗車メンバーも何名か申し込んでいる模様で、みんな乗れたらいいねーとかなり楽観的に考えておりました(苦笑)

そして迎える21日。16時頃より電話を待ちます。待ちます。

16時7分、D店舗より連絡。さすがにマイナーなのか?すぐに連絡が来ました、が「お取りすることができませんでした」の返答。合わせて「キャンセル待ちかけますか?」との丁寧な対応。すっかりキャンセル待ちなど頭から消えておりましたが、即答でお願いしました。

16時9分、C店舗より連絡。「お取りすることができませんでした」。キャンセル待ちを依頼。

16時18分、F店舗より連絡。「お取りすることができませんでした」。キャンセル待ちを依頼。

17時14分、A店舗より連絡。「お取り(略

既に受付開始から1時間以上が経過し、4店舗よりNG返答。
残りのE店舗は最初から無理確定的な所だったので、もう電話すら来ないかなぁとキャンセル待ちに賭ける所でした。

そんな中17時42分、E店舗より連絡。「お申込みいただいておりました、サロンカーあかつきのツアーですが・・・お取りすることが出来ました。」\(^o^)/

まさかの逆転ホームラン。

翌日店舗へ行き、無事に正式申込み完了。店員さんへうかがいましたが、先約の方も含めて機械へ入力して申し込んだ所、自分の分だけ取れたとの事でした。10時打ちと同じ感じで、実際にも瞬殺だったって事がよく分かる返答でした。
しかしこの時点でも名前と電話番号と年齢以外は記入しておらず。住所とかええんか?と思ったんだけど、チケット届いたら再度店舗訪問が必要なので、その時になるのかな?
akatsukimoushikomi

さて、周りの取得状況についてですが、今のところニコニコ超会議号2016を取った方は全員取れている模様(同行者で乗られた方は皆取れておらず)、なんか不思議なパワーを感じますね。同じ日本旅行ですし。

キャンセル待ちについては何百人もいる、みたいな噂が流れておりますね。サロンカーあかつきの定員が150名ばかしですから、このツアー自体の定員もその位で、仮にキャンセル待ちの人数が分かったとして、定員を超える待ち人数であればその時点でお断りもしくはその事を告げてキャンセル待ちを受けないようにするってのが普通だと思うのです。
全員キャンセルしたって150人ですからねぇ。ですから、現在の待ち人数ってその受付店舗の分しか分からないものだと思うのですよ。それとも機械の方に××人受付中とか表示されているんでしょうかね?
自分が4店舗キャンセル待ちしてるって事考えると、同じような考えの方によって実人数の何倍もの待ちがいる様には見えるかもしれませんけれどね。

そんなわけで、サロンカーあかつき争奪戦レポート(?)みたいなものをお送りいたしました。
後日旅行記書くよ!


青春18きっぷで北陸旅行 その8 中央西線~身延線から帰宅へ

青春18きっぷの赤券を友人が買ってくれたのでどこか行くかって感じで臨時列車眺めていてムーンライト信州が目に止まったのでそこから始まる旅に行ってきました。なお3月の事なので結構思い出し紀行です。

昨晩も友人の家へ泊めてもらい、ゆっくりと眠ることができました。
友人宅の最寄りは養老鉄道養老線、東赤坂です。こちらの駅まで朝送っていただきました。
雰囲気のある駅でよかったです。



駅でしばらく待って大垣行きへ乗車しました。
p1290741
大垣よりは東海道本線にて名古屋へ。
名古屋からは中央線(西線)にて中津川へ向かいます。
p1290746
中津川では乗り継ぎの為に一旦下車します。昔ながらのそばやいいですね。
軽く食べてしまったのでそばは食べる事出来ず。

乗り継ぎ対象の列車は211系松本行きですが、向かいのホームには313系8000番台の姿が。
良い物ミレマシタワー。

塩尻にて甲府行きに乗り換え、上諏訪で下車しました。
上諏訪は駅構内に足湯がありますが、そちらには入らずに徒歩でテクテク。

片倉館でひとっ風呂浴びます。上諏訪駅を東口から出てしまったために遠回りとなり、かなり急ぎ足となってしまいますた。
p1290763
再び上諏訪駅へ戻ってきて小淵沢行きへ乗車しました。
茅野にて10分ほど停車時間があったのでお弁当を購入。「信州産和牛と山菜ごはん」なかなかのお味でした。

小淵沢からは高尾行きへ乗り継ぎ。
車掌さんが中国人(?)の女性の方らしく、独特の訛があったけれども、それが逆に特徴的で印象強かったです。
甲府で下車し、身延線富士行きへの乗り換え。身延線のホーム遠くてちょっと小走りに。

途中なんとか見えた富士山を車内から捉えてみました。
p1290776
身延では21分ほどの停車時間があったので、駅周辺を散策してみました

そば屋さんはリニューアルオープン準備中でした。

身延より先は長時間停車する事もなく、富士へ到着。
富士からは東海道本線へ乗り、帰宅しました。

今回の旅で使用した18きっぷはこちら。
p1290802


青春18きっぷで北陸旅行 その7 高山本線

青春18きっぷの赤券を友人が買ってくれたのでどこか行くかって感じで臨時列車眺めていてムーンライト信州が目に止まったのでそこから始まる旅に行ってきました。なお3月の事なので結構思い出し紀行です。

富山からは高山本線へ乗車となります。鈍行なので乗り継ぎとなり、まずは猪谷行きへの乗車となります。
この路線は非電化のため、全線ディーゼル車による運行となります。
まずはキハ120形にて猪谷まで。特急以外は猪谷で上下分離しているので必ず乗り換えとなります。


猪谷は今では無人駅。かつては神岡鉄道神岡線の発着駅でもありましたが既に廃線となっております。
またこちらの駅はJR西日本とJR東海の境界駅でもあります。ここからはJR東海キハ25形車輌となります。

ガタゴトと情緒深い山間を抜けていくと、高山へ到着です。
高山は観光地でもあり名古屋までを走る特急列車全てが発着または停車します。
ここより美濃太田までの乗り換えですが、夕ご飯購入の為に一旦駅を出ます。
駅改札前には特急列車を待つ人の行列ができておりました。列車の入線時間直前まで入場規制を行っている様です。(特急列車乗客のみ)

改札を出て購入したのはこちらです。飛騨牛しぐれ寿司弁当です。
人気の弁当なので昼のうちに高岡より電話で連絡して取り置きしていただきました。
この後の列車内で食べましたがめちゃくちゃうまかったです。超オススメ!!

高山から美濃太田、美濃太田から岐阜、岐阜から大垣と乗り継ぎ、本日の列車旅は終了となります。
大垣ダッシュで有名(?)な階段はこちら?まだ体験が無いのでよく分かりません。

大垣駅前にて、今晩の宿を貸してくれる友人と合流し、ちょっとアフター夕食。
p1290728
イタリアンなお店で雰囲気も良く、料理も美味しかったです。

この後友人の家まで移動し、ちょっと雑談をした後眠りにつきました。

その8へ続く