北海道・東日本パスで東北1周観光列車旅2016夏 その1 越乃Shu*Kura~只見線~磐越西線

JR東日本が春・夏・冬に発売している北海道・東日本パスを使って、東北方面へ鉄道旅行へ行ってきました。2016年の夏は観光臨時列車が多く設定されており、多くの観光列車に乗って楽しむ事を目的にひたすら詰め込みました。

1日目(2016年7月1日)

今回で4回目となる夏の北東パスの旅となります。今回は運良く観光列車の運行日が固まっていたため少ない日程で多くの列車に乗れる事となりました。
まずは地元駅にてサンライズをお見送りしてから東京駅へ。


東京からはいきなりの新幹線課金となります。北陸新幹線で一気に上越妙高までワープします。JR東日本管轄の端っこまでの移動となります。
高崎から上田あたりまではトンネルが続いて電波状況があんまり良くありませんでした。
上越妙高からは、えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインから直通の、越乃Shu*Kuraへの乗車となります。車内で日本酒を飲む列車と言えばこのShu*Kuraでしょう。2年ぶり2回目の乗車となります。
毎度のごとく酒カスを愉しんでいると、車内の様子がちょっと違います。車掌が一人ひとりの所で確認を取っています。自分の所まで車掌が来てハッキリと分かりました。『本日、テレビの撮影がありましてお客様にはご迷惑をお掛けするかもしれませんが、ご協力・ご了承願います。』みたいな感じでした。どなたが来られるんですかと聞いた所『ウド鈴木さんらしいです』との事でした。

途中から乗ってくるとの事なので気にせずいつも通り過ごします。
最初の途中下車ポイントである青梅川に着き、ホームへ出るとホームに撮影隊の姿が・・・
編成先頭部の所で撮影しているのでなかなか写真が撮れませんでした。うぐぅ。

車内に戻りしばしすると、ジャズ演奏タイムとの事で隣のイベントスペースへ移動し、酒カスを継続しながらジャズ演奏を聞きます。

演奏が終わった後もイベントスペースで飲んでいたら撮影団が前を通り過ぎて行きました。
そして再び静寂のなか、アテンダントさんと色々お話したりしました。

今回は只見線に乗らなくてはならないので途中越後川口駅にて下車しました。
列車を見送ると、車内にはウド鈴木さんがいるのが見えました。
※BSN新潟放送の「水曜見ナイト」という番組だったそうです。

ホームは特に何もないので駅から出てみましたが、駅前もなにもなーい。
のですが、50mほど進んだ先にスーパーがありました。暑い日でもあったので冷房の効いているスーパーはサイコーです。休憩スペースがあったので、涼みながら珈琲飲んでゆっくりしました。

越後川口からは上越線にて小出駅まで移動します。やってきたのはE129系。去年まで当たり前の様に走っていた115系がいなくなってしまって悲しいですね。只見線はいまだに健在なキハ40でいい感じです。


只見線の沿線の風景は素晴らしいですね。来た甲斐があります!


只見線南側の最後の一区間、大白川から只見の1駅30分の区間を終えると、終点の只見へ到着です。

この先、会津川口までは2011年の大雨の影響で只見~会津川口で鉄橋が流出するなど大きく路線が崩壊し、復旧の見通しも経っておりません。その為代行バスにて輸送となります。
大白川辺りにて車掌より代行バスへの乗車をするかのの確認がありました。今回は12人が乗車するとの事で小型のマイクロバスが只見駅前に待っておりました。

ここからしばらくは、バスに揺られながら只見線沿線を進みます。あちこち路線の崩壊箇所を見ることが出来ます。途中、地元の方の乗降以外は特に乗客に変動はなく代行バスは会津川口へ到着しました。

しかし、この会津川口駅からの眺めも最高です。


再びキハ40の車輌に揺られながら会津若松を目指します。車内は扇風機が回っており車内の送風をしております。
窓から外を眺めても雰囲気が最高でたまりません。

列車は会津鉄道との合流地点である西若松へ到着しました。ホームには学生さんが待っております。
この駅で交換待ちをした後はラストスパート、会津若松まであと2駅です。

会津若松への到着後は1時間ほどの空き時間があるので、いつもの馴染みの富士の湯へ行き汗を流します。
IMG_20160701_172947
お風呂でサッパリのあとは磐越西線にて新津を目指します。この18:34発の新津行きが野沢より先、新津までの最終列車となります。

五泉にて会津若松方面行きの最終列車と交換した後は新津まであと少し。
IMG_20160701_192204
新津へ到着後は『らくらくトレイン信越』への乗車となります。整理券は有人改札での販売なので一旦改札へ行って買ってきました。ホームへ戻った後は向かいのホームのキハ40を眺めながら列車を待ちます。

2年前に乗車した時は485系だったのですが、E653系へ置き換わり快適度がアップしております。
この列車に乗れば直江津まで行けてしまうのですが、そちらは朝通ってきた所、途中の東三条にて下車します。

東三条からは弥彦線最終列車の吉田行きへ乗車します。新津から『らくらくトレイン信越』へ乗車しないとこの列車に間に合わないのです。

本日の目的地である燕三条へ到着し、ホテルへチェックインしました。燕三条は弥彦線と上越新幹線の駅ですが駅前にビジネスホテルが幾つもあり、比較的安価で泊まれるので便利なのです。

続きます。

本日の旅程

【大船→東京】
1826E 6:33→7:18 東海道本線・上野東京ライン高崎線直通 高崎行き
【東京→上越妙高】
553E 7:52→9:54 北陸新幹線 はくたか553号 金沢行き
【上越妙高→越後川口】
8361D 10:02→12:00 臨時快速 腰乃Shu*Kura 十日町行き
【越後川口→小出】
1734M 12:57→13:08 上越線 越後湯沢行き
【小出→只見】
2424D 13:11→14:28 只見線 只見行き
【只見駅→会津川口駅】
430 14:32→15:22 只見線代行バス 会津川口駅行き
【会津川口→会津若松】
430D 15:27→17:20 只見線 会津若松行き
【会津若松→新津】
237D 18:34→20:56 磐越西線 新津行き
【新津→東三条】
3362M 21:15→21:38 信越本線 快速らくらくトレイン信越 直江津行き
【東三条→燕三条】
250M 21:49→21:56 弥彦線 吉田行き


バースデイ切符で四国一周旅行 その2 高松~松山、道後温泉へ

JR四国のバースデイ切符を使用した四国1周旅。実使用1日目となります。

1日目

ホテルをチェックアウトして瓦町より高松築港までことでんで移動です。


昨晩前夜祭に参加された1名と、昨晩高松へ夜遅く到着した1名と、合流しました。
最後の1名はこれよりサンライズ瀬戸にて到着となりますので、3名にてお出迎えモードです。

それまでの少々の時間の間、高松駅にて撮影モード。まだ朝も早い週末なので人影はまばらです。

数分するとサンライズ瀬戸の到着となり、メンバー4名揃いました。
今回は全員駅メモerという事で、普通の乗り鉄旅行とはちょっと違った乗車になります。
P2180910
まずは1時間後の待ち時間の間に、うどんを食べに行きます。
高松駅を出て右手の信号を渡った所の「めりけんや」に入店。幸いにもそれほど混んでおらず、特に待つこともありませんでした。
うどんウマー。

うどんを食べ終わった後はお昼ごはんのつもりの駅弁を購入しました。
高松からは高徳線を特急うずしおにて徳島まで移動となります。志度までは沿線の琴電志度線なども含めて駅数が多く、駅メモ的には忙しいゾーンです。特にこの付近は地主さんが頑張っている土地なので下手にフットバースを使おうものなら吊し上げを食らうという村社会。
徳島よりは牟岐線を特急むろとにて牟岐まで移動です。同行者のうち1名は鳴門線方面へ行き、また後で後免にて合流するとの事で一旦別れてここからは3人旅です。

牟岐からは特急が無いため普通列車になります。

終点の海部からは開業以来黒字になった事がないという阿佐海岸鉄道阿佐東線へ乗車。阿佐海岸鉄道は全3駅なのですが、本社が真ん中の駅の宍喰にあり何かグッズを買おうにもなかなか下車が難しいのが難点です。

終点甲浦から先は鉄道がありません。ここから先、室戸岬越えは路線バスの旅となります。

しばらく列車の無い、のんびりとした路線バスの旅。外の眺めも最高です!
途中室戸岬を通りましたが、なんか結構ガッカリ度が高そうな所でした。

長らく揺られる事奈半利へ到着。ここからは再び鉄道での移動となります。土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線への乗車となります。奈半利駅に併設のお店でお土産などを物色して列車の時間待ちをしました。

ごめん・なはり線への乗車後は先程購入した駅弁で昼食タイム。晴れた景色を眺めながらお弁当をいただきます。
ずっと食べたかったあなご飯でウマーです!

列車は後免へ到着となり、先程別れた1人と合流して再度4人旅に。待ち時間の間に駅前のスーパーへ買い出しに。
後免からは土讃線を特急南風にて北上します。今回の旅最初のグリーン車です。バースデイ切符はグリーン車乗り放題なのですが、いままでの区間の列車にはグリーン車がなかったのです。
1列3席のゆったりとした座席で眠くなりながらも圏外の続くゾーンをズンズンと進んでいきます。
スーパーで買った酒もどきで、酒カスのフリなんっちて。

多度津を過ぎ、宇多津にて下車。今度は予讃線にて特急しおかぜのグリーン車にて移動となります。途中多度津にて、四国千年ものがたりの試運転車と遭遇しました。ラッキーです。

グリーン車連続乗車にて完全くつろぎモードながら瀬戸内海に沈む夕日を眺め、最高の景色を満喫しながら松山へ。

松山からは伊予鉄道の高浜線大手町より、横河原線直通列車にて梅本まで。大手町駅前は市電との平面交差があり、なかなか珍しいスポットでもあります。
梅本での折り返し列車が駅での交換列車の為、駅員さんにお願いして往復切符を作ってもらいました。途中梅本での折り返しは、駅メモ的にはこの先はレーダーにて処理出来るという所からです。

大手町まで戻ると今度は伊予鉄道市内線にて道後温泉まで。やってきたのはスターバックスラッピング車!

そして道後温泉は本日の目的地です。駅前には坊っちゃん列車が停まっていました。

やはり温泉地は外せませんね。ホテルへのチェックインを済ませてから、すぐ近くの「おいでん家」へ。予約をしようと思ったら予約は受け付けていないとの事でぶっつけ本番で行ったのですが、ちょうど空きが出た所で滑り込みセーフでした。こちらでは楽しみにしていた鯛めしを注文。美味しかったです。

食後はそのまま本日解散となり、明朝道後温泉駅での集合まで各自行動となりました。
疲れを取るために道後温泉本館へ。ホテルの方で入浴券が付いていたのでラッキーでした。

温泉を満喫した後はちょろっと付近をうろうろ散策してみました。

その後はホテルへ戻り、翌朝までぐっすり眠りました。ベッドが大きくて快適でした!

続きます。

本日の旅程

【高松→徳島】
3001D 8:28→9:36 高徳線 特急うずしお3号 徳島行き
【徳島→牟岐】
5051D 9:51→10:59 牟岐線 特急むろと1号 牟岐行き
【牟岐→海部】
4537D 11:05→11:19 牟岐線 海部行き
【海部→甲浦】
5549D 11:26→11:39 阿佐海岸鉄道阿佐東線 甲浦行き
【甲浦駅→奈半利駅】
11:49→13:37 高知東武交通バス 安芸営業所行き
【奈半利→後免】
5839D 14:01→15:00 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線 高知行き
【後免→宇多津】
50D 15:21→17:03 土讃線 特急南風20号グリーン 岡山行き
【宇多津→松山】
19M 17:15→19:24 予讃線 特急しおかぜ19号グリーン 松山行き
【大手町→梅本】
615 19:47→20:09 伊予鉄道高浜線・横河原線 横河原行き
【梅本→大手町】
416 20:10→20:31 伊予鉄道高浜線・横河原線 高浜行き
【大手町→道後温泉】
267 20:40→21:04 伊予鉄道市電5系統 道後温泉行き


バースデイ切符で四国一周旅行 その1

今年もやってきましたお誕生日月。
昨年は九州のバースデー切符にて九州旅行をしてきましたが、今年は四国のバースデー切符にて四国一周をする事に・・・
九州のバースデー切符は3日間特急(自由席)・新幹線(自由席)乗り放題に6回までグリーン車(もしくは指定席)が乗り放題となるオトクな切符でしたが昨年度より廃止されてしまいました。
四国のバースデー切符は廃止されていなかったので、こちらを利用しての旅行へ行くことにしました。四国のバースデー切符は3日間特急グリーン車乗り放題で約1万円という太っ腹な内容なのに、同行する3人までの合計4人まで同料金で同内容の切符となっているのです。(2017年度よりちょっと安めの特急自由席版とちょっと高めのグリーン車版の2種類になりました)
半年ほど前にこのお供にて四国へ来たのですが、その時に行けなかった所や乗れなかった列車に乗るつもりでの再訪となります。
せっかくなので同行する方を募集した所、希望される方がいらっしゃり、また更に一部区間での同行を希望される方がいらっしゃったので最大4人での旅となりました。今回の同行者は駅メモer(ステーションメモリーズのプレイヤーさん)で希望により四国全駅取りたい(ゲーム上の取得に付き、実際に全駅行かなくても可能)との事で、ひたすら乗りまくるといった行程を組む事になりました。
とは言っても一応観光はしっかり取り入れるっていう感じで、始発から終電までガッツリと乗るっていう事はありませんです。

0日目

てな感じでスタート。同行者3名とは高松で集合する事になったので、それぞれ現地までは各自行動。仕事を午前中で切り上げ、いざ羽田空港へ。今回は貯まったマイルを使って飛行機往復無料旅でございます。
P2170750
離陸後は雲の上となり気持ちいい眺めです。
P2170767
高松空港へ降り立ち、現地の友人の車で迎えてもらったあとは鴨川駅へ行きしばし撮影会。
暗い中、動くものを撮るのはホント難しい orz


更に高松の車庫へ行き285系サンライズやDE10回送などを撮影。

その後高松市街地まで送ってもらい、本日の宿へチェックイン。
ごくごく普通のビジネスホテルって感じですね。瓦町駅からそばです。

前夜祭という事で、すでに前日入りしている同行者さんと、現地の方と宴会。翌日からの行程を前に景気付けとなります。「骨付鳥居酒屋 よって屋」へ行きました。地元で評判のお店との事でしたが旨かったです。


飲みの後に、〆のラーメンならぬ、〆のうどんでも食べようかとウロウロしていたら、通りすがりのオジサンに「ここで食べて行きなよ~」と声を掛けられて「讃岐のこころ」へ入店。そのオジサンも一緒に入店。なんとお店の大将でした(苦笑)
それぞれうどんを注文して食べ、お腹もいっぱいとなり前夜祭?は解散となりました。

本日の旅程

【大船→横浜】
3528E 14:06→14:21 宇都宮行き(上野東京ライン宇都宮線直通東海道線) 快速アクティー
【横浜→京急蒲田】
1315A 14:25→14:34 泉岳寺行き(京急本線) 快速特急
【京急蒲田→羽田空港国内線ターミナル】
1326N 14:40→14:48 羽田空港行き(京急空港線) 快速特急
【羽田空港→高松空港】
JL483 15:40→17:05 高松空港行き


サロンカーあかつき乗車記 その6 松浦鉄道乗りつぶし

サロンカーあかつきを下車し、長崎駅ホームにて写真を撮る乗客に混ざり、同様に写真を色々撮りました。


帰りのサロンカーあかつきは翌日夕方の博多発となり、本日は長崎に一泊というツアーになっております。(宿泊込みのコースの場合)
これからの約30時間余りの時間は自由行動の為、それぞれ各自で旅程を組んでの行動となります。あらかじめツアーのオプションで長崎・佐世保周遊パス(2日間有効1000円)を付けておいたので、こちらを使用しての近隣の乗り鉄をしました。

まずはマリンライナー佐世保行きにて佐世保まで移動します。佐世保まではaomonoyaさんも一緒のルートでした。大村線はバースデー切符で旅行した時にも乗っているのですが、夜だったので昼間に乗るのは初めてでした。ハウステンボスもよく見えました。

佐世保では駅にあるお店にて佐世保バーガーを購入して松浦鉄道へ乗り込み。長い乗りつぶしとなりました。
2時間半揺られること伊万里へ到着。のんびりする間も無く有田行きへ乗り換えました。
30分ほどで有田へ到着。約3時間の松浦鉄道の旅は終わるとともに、途中下車等しなかったのでなんとも蛋白なものとなってしまいました。

有田からは熊本の震災の影響で運転区間を変更している『あそぼ~い』へ乗車。時間の都合で僅か1区画武雄温泉までの17分の乗車でした。こちらの車内ではサロンカーあかつきへ乗車していた友人と会いました。

武雄温泉からは長崎へ戻る旅です。早岐まで佐世保本線に乗り、早岐からは再びマリンライナーにて長崎まで行きました。途中諫早で特急列車との待ち合わせにおいて遅れがあった為に喜々津にてなんと『ななつ星』と同時発車(ななつ星は長与経由)という珍事に遭遇しました。

長崎へ到着後は先程同時発車した『ななつ星』を迎撃すべく長崎のホームにて待機する事にしますが、まだ1時間ほど時間があるので一旦ホテルにてシャワーを浴びてきました。そして『ななつ星』到着時間、意外にも撮影等に来た人は少なくかつサロンカーあかつきへ乗車されていたであろう方が多くを占めておりました。


『ななつ星』の撮影に満足した後は長崎の街へ繰り出し、aomonoyaさんとむらくもさんの3人で飲み会。ダラダラと酒を飲みながら話すのは楽しかったです。はしごする事も無くホテルへ戻り泥のように眠りました。

続きます。

本日の旅程

【長崎→佐世保】
3230D 11:00→12:43 佐世保行き(快速シーサイドライナー)
【佐世保→伊万里】
344D 13:23→15:53 伊万里行き(松浦鉄道伊万里線)
【伊万里→有田】
634D 15:56→16:20 有田行き(松浦鉄道有田線)
【有田→武雄温泉】
9036D 16:23→16:40 博多行き(特急あそぼ~い)
【武雄温泉→早岐】
939M 16:59→17:32 佐世保行き
【早岐→長崎】
3239D 17:39→19:22 長崎行き(快速シーサイドライナー)

サロンカーあかつき関連記事リンク

サロンカーあかつき乗車記 その1 名古屋へ前入り
サロンカーあかつき乗車記 その2 近鉄特急にて吉野へ
サロンカーあかつき乗車記 その3 青の交響曲乗車
サロンカーあかつき乗車記 その4 サロンカーあかつき乗車!!
サロンカーあかつき乗車記 その5 九州上陸


サロンカーあかつき乗車記 その5 九州上陸

しばらく空いてしまいました。懐古記です。

展望ラウンジでの宴会をしているとどんどん夜も更けて来て、外の景色は夕暮れからすっかりと真っ暗な夜となりました。
P1420182
ドア扱いの駅、和気に到着すると乗客は一斉にホームへ飛び出して行きます。
他の方に混ざって撮影しました。他人のフラッシュを利用して撮る的な。


次のドア扱い駅、広島へ到着したのは日付が変わる頃だったので、ホームへ出た方は少なかった様です。
しかし乗客ではない撮影者はなかなかすごい数いらっしゃいました。

展望ラウンジは日付が変わる前に閉鎖されてしまったので、ミニラウンジの方へぞろぞろと移動してぎゅう詰めの中宴会は続きます・・・
下関への到着は4時になろうかという時間。こちらの駅ではドア扱いは無いのでホームを眺めるのみとなりました。この後関門トンネルへ突入したのですが、やはりただの真っ暗な中の壁が見えるだけでさほど面白いものでもありませんでした。ここいらを目処に一旦眠る事にしました。
自分の席にはほぼいなかったのですが、途中で席を変わって欲しいとの申し出があったので変更したのですが、交換してもらった席が車両の端でTV台の前という良席で、前の人はいないわ荷物の置き場は十分すぎるわ、コンセントはあるわの最高のポジションでした。
P1420338
あまり良く眠れない中もうとうととして目が覚めると博多を過ぎた辺り、そのあと二日市で次のドア扱いがありホームへ降りての撮影となりました。起きている方は決して多くなく撮影には好条件ではあったのですがホームが狭く、なかなか撮るのが難しかったです。

朝のお弁当も配布されました。量が多すぎる事もなく、朝ごはんとしてはピッタリのボリューム・質で美味しかったです。

佐賀辺りを通る時はバルーン佐賀の名にちなんでかわかりませんが、バルーンがいっぱい飛んでおりました。
P1420407
列車は長崎県に入り、進行方向左手には有明海が見えて来ました。素晴らしい晴天にて最高の景色です。
P1420418
市布駅でのスナップ。車内からホームのミラーに映った車両を撮ってみた的な。
P1420430
列車は長崎駅のホームへ入り、大阪発長崎行きという長い長い旅は終わりとなりました。(まだ復路残ってますが)
P1420433

続きます。

サロンカーあかつき関連記事リンク

サロンカーあかつき乗車記 その1 名古屋へ前入り
サロンカーあかつき乗車記 その2 近鉄特急にて吉野へ
サロンカーあかつき乗車記 その3 青の交響曲乗車
サロンカーあかつき乗車記 その4 サロンカーあかつき乗車!!