バースデイ切符で四国一周旅行 その3 松山~高知 伊予灘ものがたり乗車

JR四国のバースデイ切符を使用した四国1周旅。実使用2日目となります。

2日目

ぐっすりホテルで寝て気持ち良い目覚め。道後温泉駅前にて同行者メンバーと合流。
朝の道後温泉の雰囲気はなかなか良さげです。


路面電車に揺られて松山駅へ。

松山からは今回の旅行で一番楽しみにしていた『伊予灘ものがたり』への乗車となります。
前回四国を回った時は即完売で取れなかったのですが、今回は何駅も10時打ちかけてなんとか取れた次第です。偶然にも一昨日高松で空港まで迎えに来てくれた友人もグループで乗車となんとも奇遇な。


『伊予灘ものがたり』の車両は松山の留置線に停まっていたので入線時は一旦本線北側へ出て、本線折り返しをしておりました。
そしてホームへ入ってきて列車の入り口にカーペットが敷かれます。なんとも豪華仕様!

いざ乗り込みます!!自分の席へ荷物を置いて車内を一通り撮影してきて戻ると、乗務員さんから「他のお客様と席を交換して貰えないか?」との打診。別に問題ないので快諾すると、代わった席は先の友人グループと隣だった!なんという奇跡。こんなことあるんですね~


今回乗車の『伊予灘ものがたり』は朝一番の松山発の大洲編。約2時間かけて伊予大洲まで海岸線経由で走ります。そして車内限定のお食事、モーニングをいただきます。最近は車内で食事のコースが付いている観光列車が増えていますが、JRの観光列車は食事の価格が安いものが多くてとってもリーズナブルです。
もちろんの事、お味もサイコー。見た目綺麗で食べるの勿体無い位!この瀬戸内海の眺めを見ながらというのが最高です。

モーニング以外にもたくさんのメニューがありました。


ケーキをいただくぞよ!
P2191461
食事と景色を堪能しつつ、『伊予灘ものがたり』は下灘へ停車します。ポスターなどでも良く写真を使われる下灘にて乗客の方はめいめいに記念写真を撮っております。自分も同じように撮りまくりました。後で聞いた話なのですが、下灘の駅スタンプは保管管理している方がいらっしゃるそうで事前に連絡すれば列車の停車時間に合わせて持ってきてくれるとか。次回訪問時はスタンプ押したいです。



下灘を出る時に気がついたのですが、乗降用の扉は半自動になっていてアテンダントさんが手で閉めておりました。

下灘を出てしばらくすると肱川(ひじかわ)沿いに海沿いから山間へと入っていきます。そして『伊予灘ものがたり』の終着、伊予大洲へ到着となります。途中五郎駅では五郎駅長がお見送り。

伊予大洲で後から来た特急宇和海にて宇和島まで向かいます。伊予大洲を出てすぐの辺りで車窓に山城が見えました。

宇和島からは今回の旅での普通列車による最長乗車区間となる予土線への乗車となります。予土線には予土線3兄弟なる「しまんトロッコ」「海洋堂ホビートレイン」「鉄道ホビートレイン」という列車があるのですが「しまんトロッコ」は冬季は運行しておらず、2つのホビートレインもタイミング合わず乗車出来ずでした。

予土線は1両編成トイレ無し車両での運行で前述のホビートレインなども同様です。全線乗り通すと3時間ほどかかるのですが、途中の江川崎にてトイレ休憩とも取れる停車時間が設けられているので、その間にトイレへ駆け込みます。売店もあるのでお土産買ったりしました。


朝はやや曇りの天気でしたが、宇和島以降はとても良い天気となり四万十川の眺めも最高でした。



一部の方には有名な半家(はげ)駅。

この先デジカメのバッテリーが切れてしまったのでスマホ撮影の写真になりますスミマセン・・・

予土線の終着駅窪川で下車しスーパー「しまんとハマヤ」へ行って昼食です。表通りから行くと時間がかかる上に坂があるので、川沿いに行って裏口から入ります。窪川小学校の右下の橋から川沿いに進んで行くとすぐです。


こちらのスーパーはお店でカツオのたたきを作っており美味しいカツオのたたきを手に入れる事が出来ます。スーパー内にある食堂へスーパーで購入した刺し身などを持ち込んで盛ってもらう事も出来ます。こちらで昼食を食べました。今回は四万十米豚の角煮丼も注文して食べました。美味しいデスです。

窪川からは土佐くろしお鉄道にて宿毛を目指します。途中中村まではJRから直通の特急列車を利用しました。
中村から宿毛は本当に往復するだけの乗車、再度中村へ戻り高知方面への特急へ乗り継ぎます。中村では特急列車が給油している所を見れました。ディーゼル車ってこんな感じで給油するのですね。
日も暮れて来てグリーン車の快適さもあって、うとうとしかけたり的な。途中高知の手前の旭にて下車、そのまま岡山方面へ向かう1人とお別れ。


旭からは徒歩で、とさでん伊野線へ乗り換え。路面電車でまったり~と一条橋まで。一条橋とその1つ前の聖和学園前は60m程しか離れていない、日本で一番駅間の短い区間だったりもします。
一条橋からは再度徒歩にて土佐大津へ移動して、土讃線にて高知へ向かいます。土佐大津のホーム、階段渡った向こう側が列車到着ホームで確認しなかったら乗れない所で危なかった的な。左側通行ではなく右側通行な駅だったのです。

高知へ到着後は一旦ホテルへチェックインして荷物を置いてから、ひろめ市場へ。
IMG_20170219_203813
ひろめ市場はルール的にはフードコート。空いているテーブルに陣取って、市場内のお店から好きなものを買ってきて食べるスタイル。お店によっては席を自前でもっている所もありますが、基本的にはそんな感じ。お皿や箸などの返却口みたいなのはなく、回収担当の人が回っているので回収してもらう感じです。食べ終わった後も席に放置していくみたいな。
混雑していると席取れなかったり、人数少ないと席の維持が難しかったり等はありますが、好きなものを好きな量飲み食い出来るのが良かったです。


結局ひろめ市場の閉館時間までいたら、一斉にすげー速度で片付けが始まり追い出されます。電気消灯するとか結構スリリングでした。路面電車も最終が行ってしまった後なので徒歩でホテルへ戻ります。ホテル内大浴場で汗を流してホテル販売機にあったカップうどんを食べておやすみなさい。

続きます。

本日の旅程

【道後温泉→松山駅前】
110 7:37→8:01 松山市電5系統 松山駅前行き
【松山→伊予大洲】
8910D 8:26→10:28 予讃線 伊予灘ものがたり(大洲編) 伊予大洲行き
【伊予大洲→宇和島】
1059D 10:48→11:31 予讃線 特急宇和海9号 宇和島行き
【宇和島→窪川】
4818D 11:36→13:47 予土線 窪川行き
【窪川→中村】
2073D 14:54→15:31 土佐くろしお鉄道中村線 特急あしずり3号(グリーン車)
【中村→宿毛】
619D 15:37→16:07 土佐くろしお鉄道宿毛線 宿毛行き
【宿毛→中村】
312D 16:11→16:41 土佐くろしお鉄道宿毛線 窪川行き
【中村→旭】
2078D 16:47→18:29 土讃線 特急あしずり8号 高知行き
【旭駅前通→一条橋】
84 18:45→19:27 とさでん伊野線・ごめん線 後免町行き
【土佐大津→高知】
759D 19:48→19:59 土讃線 須崎行き

この旅行の記事

バースデイ切符で四国一周旅行 その1
バースデイ切符で四国一周旅行 その2 高松~松山、道後温泉へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です