青春18きっぷで北陸旅行 その6 万葉線~富山ライトレール~地鉄乗車

青春18きっぷの赤券を友人が買ってくれたのでどこか行くかって感じで臨時列車眺めていてムーンライト信州が目に止まったのでそこから始まる旅に行ってきました。なお3月の事なので結構思い出し紀行です。

『べるもんた』の往復乗車を終えて高岡へ戻って来ました。
ここからは万葉線へ乗り換えとなります。
ドラえもんラッピング車があるらしいのですが、残念ながら乗車したのは違う模様。途中ですれ違うみたいなのでそれを楽しみにします。


ほとんどの区間は路面電車な感じで県道上を走ります。
途中の交換駅で交換列車遅れの為に長時間停車となりました。この後の乗り継ぎ時間が3分しかなく、この乗り継ぎに失敗すると今日の旅程が狂ってしまうという状態で焦りました。
かなりヤバイ時間で終点の越ノ潟へ到着。ここからは県営のフェリーで向こう岸の堀岡まで渡ります。
フェリーが待っていてくれたので無事に乗船する事が出来ました。
船の上でビデオ撮影していたのですが、まだ3月でもあるのでくっそ寒く、手が凍るかと思いました。

堀岡からは岩瀬浜までの接続バスに乗車します。このバスの本数が少なくて、逃すとピンチという状態でしたんでフェリーが待っていてくれてホント助かりました。
岩瀬浜で友人と別れて、富山ライトレールへ乗車します。こちら最高60km/hで走行とかなり速いのが特徴です。
あっという間に富山へ到着となります。
p1290660
富山駅を南側に抜けて地鉄電車・バス1日フリーきっぷを購入しお昼ごはーんに富山ブラックラーメンでも食べようと思ったのですがお店が昼休みに入っていたので諦め、富山地方鉄道の駅へ。
おお!懐かしのレッドアローさ~ん、東急さ~ん。特にこの16010形(元西武5000系)は好きなデザインで、なんかこのおじいさんみたいな面構えがたまらないのです。
ここよりフリー区間の南端の南富山まで乗車します。

南富山からは富山地方鉄道市電へ乗り換えて富山駅まで戻ります。はい、行って帰るだけの簡単な乗り鉄です。
p1290670
富山駅前に戻り、今度こそと「麺家いろは」にて富山ブラックラーメンを食べます。
食べている途中に気がついたのですが、支店が地元神奈川にあってショック!!
p1290672
富山駅へ戻り、次は高山本線へ乗車します。

その7へ続く



コメント

青春18きっぷで北陸旅行 その6 万葉線~富山ライトレール~地鉄乗車 — 1件のコメント


  1. ご担当者様

    突然のご連絡、失礼いたします。
    株式会社ジーニーの永田と申します。

    この度は弊社サービス「Geniee SSP」をご利用頂けないかと思い、連絡差し上げました。
    顧客リピート率は95%を誇り、メディアの広告収益を最大化させるSSPという分野において
    国内トップシェアのサービスでございます。

    「○」では多くの方から閲覧されているかと思いますので、
    弊社サービスによる収益向上を通して、メディアの質の充実化に貢献できればと考えております。

    ■「○」に「Geniee SSP」のご利用をお勧めしたい理由
    1.2500件以上のメディアを収益向上に導いた実績
    2.収益性の高いオーバーレイ広告やインタースティシャル広告も取り扱い可
    3.国内外約80社の広告事業者と連携し、最も単価の高い広告を自動的に掲載する仕組み
    4.広告運用に工数を割けない方向け、他事業者の広告もまとめて一括管理機能
    5.メディアコンサルタントによる、広告収益が向上するまで徹底的なサポート体制

    ■弊社サービスのご紹介ページ
    「GenieeSSP」
    https://geniee.co.jp/ssp/

    少しでもご興味をお持ちでしたら、詳細を提案させて頂けないでしょうか。
    併せて現状の単価などご教示頂ければ、どれくらい収益を向上できるかお見積りいたします。

    ご返信お待ちしております。
    何卒よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です